ボンドルド ナナチ

ボンドルド

Add: nonohu92 - Date: 2020-12-15 07:21:02 - Views: 3749 - Clicks: 4292

劇場版メイドインアビス「深き魂の黎明」は年1月に公開予定です! 劇場前売り券が4月19日金曜日まで全国の上映劇場で販売されます! ボンドルド ナナチ ボンドルド ナナチ 特典の. ボンドルドは ナナチとミーティの因縁の人物です。 アビスの呪い (上昇負荷) を子どもを使って実験。 ナナチを今の姿、なれ果てにして、ミーティの人間性を奪った張本人。. 気の良い兄貴のような性格をした祈手。 プルシュカの教育係をしていたらしく、プルシュカの口調はグェイラの影響を受けた物のようだ。 だが前述した事が分かるのはグェイラが死んだ後で、最期はボンドルドに精神を支配されたオートモードで動かされた状態でカッショウガシラの毒針を尻から刺され、内臓を溶かされ死亡するという何とも度し難い最期であった。. クオンガタリの巣窟と化した四層の不屈の花園を焼却した白い外套を纏った祈手。 親切な性格でレグにクオンガタリの事を教えたり、落とした無尽鎚を渡してくれた。 作者によると戦闘用の祈手のようでボンドルドの勝負服並の実力を持ってるらしい(つまりかなり強い) また花園を焼却した際に炎に呑まれたようにも見えたが実際は無事でちゃんと生きてるらしい。. 」 元ネタ:メイドインアビスおすすめの関連記事ライザ「オーゼンは好きな人いないのか?」オーゼン「は?」オーゼン「千人楔」ナナチ「ボンボルド」 ボンドルド「. この言葉にも納得できるのではないだろうか⁉️ ライザとボンドルドが仮に戦えば一方的な展開の. あー、確かにボンドルドがいなきゃ今のナナチは居なかったもんな 親友ミー ティ を成れ果てにした 可哀想な 子供 たちを 実験 台にした等の恨みもあり、 ボンドルド のおかげで祝福を受けられた 辛い ストリート チルドレン ボンドルド ナナチ 生活から抜けられた リコ や.

『メイドインアビス』ボンドルドをねんどろいど化してみた! 七色に輝く黎明卿に「ゲーミングボ卿」「ナナチ逃げて」の声. の主人公のヘボットや、プラネット・ウィズの黒井銀子など、どこかコミカルなキャラクターを演じていることが多く、ナナチのどこか間延びした声を上手く演じています。 ナナチの友達ミーティを演じた喜多村英梨とは公私ともに仲が良く、『喜多村英梨の超ラジ! ボンドルド ナナチ 白い外套とピンクの仮面を着けた大きな図体の祈手。 ボンドルド曰く「頼れる者」、ナナチ曰く「ボンドルドの勝負服」 実際はあの大きな図体は外套の中に綿を詰め込んでいるだけで尻尾を隠す目的があるようだ。その為本来の体型は他の祈り手とほとんど変わりなくスマート。 様々な遺物で武装しており、ボンドルドが祝福を得た身体もこの祈り手である。余談だが尻尾が生えていたり眼球が明らかに人の物では無いように見えるが、これらも全て遺物のようだ。.

あたし. まぁナナチも実験手伝ってたみたいやしナナチが一方的にボンドルドだけ裁くのもアレなんやろきっと 58: 名無しさん@おーぷん 20/03/20(金)20:29:36 ID:JGc. 」1: SS速報VIPがお送りします /10/12(. アビスの全てを解き明かすべく、「前線基地(イドフロント)」にて研究に励む科学者。 劇中においては「大規模な虫害の未然防止」「それまで不可侵だったルートの開拓」「アビス深層での活動拠点の確保」「新薬の開発」そして「上昇負荷の克服手段を発見」などなど前代未聞の偉業をいくつも成し遂げており、人類のアビス攻略を一気に推し進めた正真正銘の偉人と言える。 彼自身その業績にあぐらをかくような性格ではなく、むしろ物腰のやわらかい子ども好きな博愛主義者。 現在までに登場した「白笛」の中では最も温厚な人物である。. 当初はためらっていたレグでしたが、ナナチに懇願され、レグはミーティを火葬する決意をします。 ナナチは火葬されるミーティの周囲を、花や自分で作ったぬいぐるみで囲みました。そして、ミーティを火葬する前に、ナナチはミーティを抱きしめ、自分がどれだけミーティを大事に思っていたかを伝えました。 そして、レグが火葬砲でミーティを消滅させると、ナナチは泣き崩れてしまいました。 生まれ育った場所では一人ぼっちだったナナチにとって、ミーティは初めての友達でした。だから、本当はミーティを失いたくなかったのです。 しかし、不死であるミーティとは違い、ナナチはいつか死んでしまいます。そうなったらミーティは、永遠にその姿で、一人で生きなければならないのです。 それは、ミーティにとっては無限地獄にも等しい苦痛のはずです。ナナチは友達を救うために悲しい決断をしなければならなかったのです。.

彼の白笛は祈る手の様な形をしているがよく見ると両手が同じ形をしており、まるで恋人繋ぎの様な形をしている。また使用する際は口につけて吹くのではなく、白笛を両手で祈る様に包み込み、振動させる事で鳴らすようだ。 底のない非道ぶりを見せるボンドルドだが、彼がナナチら孤児たちを連れてきたためにナナチは憧れていたアビスでの冒険、そしてかけがえのない仲間を手にしており、ナナチにとっては憎い仇敵であると同時に夢を叶えさせてくれた恩人でもある。また(ボンドルド視点から見て)ボンドルドには大切に扱われてもいたため、ナナチからは複雑な思いを抱かれている。 作中でトップクラスに度し難い行動をとっている彼だが、「倫理や規則より好奇心を優先する」と表現すれば、リコにも似たような側面があるといえる。実際リコはボンドルドの所業を非難しながらも、冒険心には強い理解を示していた。 ちなみに行動食4号を作ったのも彼のようだ。 劇場版アニメのレイティングがR15+に上がった理由が大体ボンドルドのせいとネタにされている。これは作者も言及している。 ・・・もう一度このキャラクターがでる作品の作者を見てみよう。 ボンドルド ナナチ また、同時期の常軌を逸した精神の持ち主である敵役として鬼舞辻無惨と比べられることも多かったり、常識を踏み外したかのようなぐう畜発想的な発言に「頭ボンドルドか」などという煽りが生み出されるなど名実ともに年代末〜年代初頭における「破綻した精神の敵キャラ」代表の一角となりつつある。. 。. ナナチはボンドルドによって親友のミーティと一緒に実験されています。 ナナチとミーティが受けた実験というのは、二人を同時に6層に隣同士のエレベーターで下ろし、無理矢理上昇させて呪いを発生させるという実験でした。. ナナチは第4層に来たリコとレグに出会います。この時2人は、タマウガチと言う生き物から逃れてきたのですが、リコがタマウガチの毒針に左腕を刺されてしまいます。 ナナチは、タマウガチの毒にやられて、瀕死の状態になったリコに泣きつくレグを見て哀れに思い、リコの治療を買って出て、タマウガチの退治の仕方をレグに教えます。 レグはタマウガチをナナチの言うとおりに対処すると、掌に仕込まれている「火葬砲(インシネレーター)」で止めを刺しました。 火葬砲の威力を見たナナチは、レグの火葬砲ならミーティを苦痛から解放させることができると思い、レグにこう言いました。 「ミーティを殺して欲しい」. ナナチは興味本位でボンドルドに付いていくことに。 ナナチ、人間だった頃から普通に可愛いという不思議。 miabyss — スペース☆あきらさん 声だけは良いボンドルド ボンドルド ナナチ miabyss — ナオタロー(RN スマッシュルーム) 年9月29日.

試せるか?. 黎明卿 新しきボンドルド率いる探窟隊 全員が『暁に至る天蓋』というパワードスーツのような武装と仮面を着けており顔の判別が出来ない、他の探窟隊とは違い個々の命を重要視しておらず犠牲になった際も消費したという異質な関係性である。 その正体は特級遺物『精神隷属機』によってボンドルドの意識を植えつけられた隷属体。コピーではなく分割された意識であるため祈手は互いの意識を共有しており、ボンドルドの意識にボンドルドの仮面と白笛を持った祈手がボンドルドという群体の中での象徴として機能している。 そのため祈手が残っている限りボンドルドを殺すことは事実上不可能である。. ナナチ「ボンボルド」 ボンドルド「. ナナチにとってはボンドルドはミーティーの仇→敵でナナチの敵はレグの敵だとレグも認識していました。 ただ、これについてはあくまで主人公側の視点であってボンドルドからしたら彼らは敵ではなく言ってみれば客に近いです。. ナナチが生まれた場所は、極北の国「セレ二」です。孤児だった彼女は、セレ二のスラム街でゴミを漁りながら、生き延びてきました。 ナナチは、生まれつき聡明だったのか、捨てられていた本を拾って、独学で読み書きを覚えたのです。 そして、自分の住んでいる街にいい思い出がなかったため、ナナチは「アビス」ついて書かれていた本を読むうちに、いつしか、この土地を離れてアビスに向かうことを夢見たのです。 ある日、ナナチの元に運命の転機がやってきます。アビスの探窟家として有名な黎明卿「ボンドルド」がナナチの住む街にやって来たのです。.

そう、ボンドルドにとって人間はどうでもいい存在だけど、ナナチはアビスの祝福を受けた数少ない大切な存在と認識しているようなのだ。 たしかに、振り返ってみても、ボンドルドはナナチを傷付けるようなことは一切していない。. 夜明けが. ボンドルド ナナチ 何故かナナチを大切に扱う事に定評のあるボンドルドさんなので、ひそかに外科的な処置を施したとは思えないんですよね。 6/22追記 今更気付いたんですが、レグを拘束中に祈手が言った、 精神があるのなら. !」. ? ボンドルドと記念撮影もできます。 ⑥ アビスの覗き穴 これまでのリコ、レグ、ナナチの冒険のワンシーンを覗き見できます。.

ちなみに命名はボンドルド。ナナチ 曰く「ノリはリコと同じ」。 ・カートリッジ 背部に装着し、使用後は排出される使い捨ての装備。詳細は自身の目で確かめていただきたい。 ・尻尾 尻尾のように見えるものも遺物装備であり、祝福の影 響ではない. ナナチの作戦により上昇負荷でボンドルドをなんとか殺すが、別の祈手がボンドルドとなって復活する様子を目の当たりにする。 リコ自身も弓矢でボンドルドに攻撃するが反撃を受けてしまい、プルシュカとボンドルドは再び前線基地に戻っていく。. ナナチやミーティと同様にボンドルドの誘いを受けて、前線基地に来た青い髪(アニメ版ではピンク)をツインテールにしている子供。 ナナチ達より先に実験に呼び出されており、ボンドルドが実験体を管理しているランプによれば現在も生存している。.

と言って登場するかわいいナナチ ナナチの作るナナチ飯も成れ果てに負けないくらい味、形とともにすご〜くまずそうなのだがボンドルドがもし奈落シチュを食べたらかわいいナナチにこう言うと思う。. ナナチの声優は、井澤詩織です。 主な出演作品は、『ヘボット! CV;森川智之 3巻から登場。 作中世界における生ける伝説「白笛」の一人で、二つ名は「黎明卿」「新しきボンドルド」。 ふだんは深界五層「なきがらの海」にある「前線基地(イドフロント)」に居を構えて活動している。 仮面をかぶりパワードスーツを着こんだロボットのような姿をしており、素顔はおろか素肌すら見せない謎めいた人物。 彼の従える探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」もまた全員が仮面とパワードスーツを身につけているものの、仮面のデザインは一人ひとりで大きく異なる為誰が誰なのかは容易に判別可。 また、プルシュカという名前の娘がいる。. ボンドルドは、アビスを自由に行き来できるという白笛の称号を持つ探窟家です。 アビスの探窟に協力してもらうために、世界中の孤児たちを集めていたのです。ナナチは、多くの子供達とともにボンドルドの探窟に同行することを決意しました。 ボンドルドは子供達を、アビスの第5層にある、自身が建造した前線基地「イドフロント」に連れてきました。 イドフロントは、探窟家達がアビスの第6層に向かうために用意された施設です。 アビスは第6層から先になると、上昇負荷が強くなり、ベテランの探窟家でも耐えらないので、ボンドルドはこの前線基地で、上昇負荷を軽減させる研究を行っていたのです。. 『メイドインアビス』ボンドルドをねんどろいど化してみた! 七色に輝く黎明卿に「ゲーミングボ卿」「ナナチ逃げて」の声 年10月13日 (火) 11:45. ナナチ!」と必死になるボンドルドを見ることが出来る。 彼は人であった時の気持ちや想い、そういったモノを必死に真似ようとしているのではないだろうか。 リコとボンドルド.

存在自体は他の白笛共々1巻の時点で語られていたが、本格的にその動向が描かれたのは3巻でのナナチの回想から。 作中ではナナチを始めとした孤児達を五層の「前線基地」に連れ込み、人体実験用のサンプルとして使い潰していた。(なお、アビス五層からの帰還時にかかる上昇負荷は子供の体力では耐え切れずに死んでしまう程危険なものだが、それを指摘されると「あれらは人間としての運用はしておりませんので」と平然と返していた) この人体実験でナナチとミーティの二人が「成れ果て」にされ、ミーティの方は実質的に殺されてしまっている。 また、リコ、レグ、ナナチの三人が「前線基地」にたどり着く前から、何らかの手段で三人を監視していたと思われる。 4巻で本格的に登場。娘のプルシュカと共に三人を出迎えて宿泊用の部屋を貸し出すが、三人が寝た隙にレグを誘拐、好奇心から部下の「祈手」を使って彼の右腕を切り落としてしまう。 再会直後から胡散臭いとは思われていたが、この件でナナチに完全に愛想を尽かされ、三人は「前線基地」を離脱。ボンドルド打倒に乗り出す。 出て行った三人を数人の「祈手」達と共に探しに行くが、そこでリコのけしかけた凶暴な原生生物カッショウガシラと遭遇。連れてきていた「祈手」を全員殺されてしまう。 ボンドルド自身は所持していた遺物で原生生物の対処をしたが、事前に対策を考えていたリコ、レグ、ナナチの連係プレーに反撃する間も与えられないまま追い込まれていく。 あまりの勢いにさしものボンドルドも狼狽えた. かと思いきや、当のボンドルドは三人の連係攻撃に感激のあまり震えており、「素晴らしい」とひたすらに褒めちぎっていた。 その後レグによって無理やり六層と五層間を移動させられ、六層の上昇負荷「死あるいは人間性の喪失」が決定打となり、ついにボンドルドは息絶える。 下半身をつぶされ、呼吸も途切れ、まともに喋ることすら困難な状態になってなお「素晴らしい」「素晴らしい」と三人を称賛し続けたボンドルドだったが. 年10月13日11時45分 / 提供:ニコニコニュース 」 『前線基地』のすべての扉が閉ざされている状態を不審に思って、姿を消したレグ、ナナチの捜索を始めたリコと合流。上昇負荷による事故で傷を負っていたリコに応急処置を施し、彼女とともにレグとナナチの捜索を行う。 その後レグとナナチを発見するものの、レグが『祈手』達によって解体されかけ右手を切り落とされた事を知る。『祈手』達を叱咤するプルシュカだが、この事がきっかけで3人は『前線基地』を離れてしまう。(一応、ナナチについてくるかどうか尋ねられてはいるが、プルシュカは責任を感じて留まることを選んでいる。) 再登場後、プルシュカは程なくしてボンドルドによって眠らされ、そのまま彼の実験室へ連れ去られた。 そこでそれまでの子供たちと同じように手足、顎、一部を除いた内臓および骨のすべてを切除され、生きた呪い除け道具『カートリッジ』へと加工されてしまう。 同じく『カートリッジ』にされた子供達共々、プルシュカはボンドルドの上昇負荷回避に消費されそのまま廃棄されるが、その際、もはや残骸となったその身から二級遺物『命を響く石(ユアワース)』が排出された。 『命を響く石』と化したプルシュカはリコによって拾われ、後にとある職人の手で『白笛』へと加工される。. メイドインアビス 白笛 祈手 プルシュカ ナナチ ミーティ マッドサイエンティスト サイコパス 吐き気を催す邪悪 自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 アミバ(北斗の拳) - 人体実験を行う悪役としては共通している。.

ボンドルドはナナチの変貌をアビスの祝福と呼んでおり、以降ナナチは実験の成功例としてボンドルドに重宝されることになった。 ナナチは ボンドルド の助手として 人体実験 や 人間 を加工して作る カート リッジ 制作 などにも かかわり 、その過程で. . ナナチはかわいいですね。 「夜明け」を説明するプルシュカかわいい 「明かりが. ナナチ自身が差し出したとはいえ、そのナナチはリコにとっての価値には当たらないの? メイニャより頭の悪い僕には理解することが難しい。 おまけに、ボンドルドがほいほい村を訪れていたという事で、彼の謎めいた部分がほぼぶっ飛びました。. . CV:水瀬いのり 深界五層の『前線基地(イドフロント)』に住む、『黎明卿』ボンドルドの娘。 ボンドルドと、その部下『祈手(アンブラハンズ)』、帽子の中に飼っている不思議な動物『メイナストイリム』ことメイニャと共にに暮らしている。 『プルシュカ』とはボンドルドに付けてもらった名前で、作中世界で『夜明けの花』を意味する。 だが彼女は生まれて一度もアビスから出たことはなく、夜明けがどんなものかを知らないらしい。そのため、リコ達と共に冒険に出たがっている。 ボンドルドは自身とプルシュカとの間の「血は薄い」と語っているが. 「それまで不可侵だったルートの開拓」&「アビス深層での活動拠点の確保」→進路上にある動植物を丸ごと焼き払って強引に開拓 3. 見たい.

あのボンドルドと タメ張れてやがる・・・ ️. おめえさ 穴ばっかり除いてねえで もう少し足元もほうがいいぜ ナナチは自分の戦略勝ちを確信したような言葉だが「カッショウガシラ」の巣もお見通しどころかさらにその上をいっていた。 第1戦はボンドルドの戦略勝ちだったという. ミーティは不死の体になり、人間に戻ることはおろか、自我を取り戻すこともできません。 唯一、彼女を苦痛から解放する手段があるとすれば、彼女を殺すことだけですが、ミーティは不死になってしまったために、体を砕いてもすぐに再生してしまいます。 ナナチが色んな手段で、ミーティを死なそうと試みましたが、すべてミーティに苦痛を与えるだけでした。. 殲滅卿ライザvs黎明卿ボンドルド との白笛同士の戦いだったという視点で見てもらいえばナナチが言った言葉. ミーティと悲しい別れをしたナナチは、瀕死の状態から回復したリコと仲良くなります。 体が回復したリコは、自慢の料理の腕をふるい、レグとナナチにごちそうします。 やがて、傷が治ったリコはレグと共に冒険の旅に出ようとしますが、リコはナナチも一緒に来てほしいと頼みます。 新しい親友ができたナナチは、過去を振り切るように、2人の旅に同行することを決意します。.

See full list on anime-drama. ナナチ&ボンドルド「あし~たがある~ あし~たがある~ あし~たがあ~あ~る~う~さ~」 ナナチ「イェイッ!」 ボンドルド「素晴らしいですナナチ、実に素晴らしい」パチパチ ナナチ「んなぁ~」 ボンドルド「それで、私の名前は?. 恐らくボンドルドは大切に愛情深く育てることで結果に差異が出るのかどうかを見たかっただけなのではないかと考えています。 ③これも憶測ですが、ナナチは冒険に対して憧れの強いリコを見てミーティと重ねていたように思われます。. 。 「どこにも行ったりなんかしません。あなたの愛があれば、私は不滅です」 その「祈手」がボンドルドを名乗り、プルシュカを抱きしめたのである。 そして、激昂するレグに向けて言った。 「探窟隊『祈手』は全て私ですよ」 実のところ、劇中に登場したボンドルドは厳密に言えば本物ではなかった。 作中で「ボンドルド」を名乗って活動していたのは、特級遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」の力によって彼の意識を別の人間に上書きしたボンドルドの複製品。彼が部下として従える「祈手(アンブラハンズ)」は全員がこの複製品であり、たとえ「ボンドルド」として活動している個体が何らかの形で死亡しても、彼の意識を共有する「祈手」の誰かがボンドルドの仮面とその意識を移せば、その「祈手」が新たなボンドルドとなり復活できる、という仕組みなのである。 つまり、ボンドルドとは祈手たちによって演じられる共有人格、あるいは群体生命体とも呼ぶべき存在なのである。 彼と部下である「祈手」達がそれぞれ異なったデザインの仮面を付けていたのは、誰が「現在のボンドルド」なのかを識別するシンボルとするため。 この「祈手」達にもそれぞれ個々の人格・個性があり、愛嬌ある性格をした者から無口な者、果てはガチガチに遺物で武装した者まで存在する。 また、「祈手」はどこかから調達してきた人間に「精神隷属機」でボンドルドの人格を上書きして生み出されるようだが、上書きに失敗して廃人同然となった者もいる。作中では「『祈手』になれなかったヒトたち」と呼ばれ、単純労働に従事していた。 ちなみにオリジナルの彼はどうなったかというと、彼自らの手で白笛へと加工され、死亡している。 祈手ボンドルドが首から下げていた白笛、あれこそが意識のコピー元となったオリジナルのボンドルドである。.

ナナチはイドフロントで、ミーティと言う少女と出会いました。 ミーティは、赤い髪をした、南国風の衣装を纏った少女で、誰にでも話しかけていくような、屈託のない性格でしたが、少々空気の読めないところがあり、仲間達から浮いていました。 はじめは、彼女のことを苦手に思っていたナナチでしたが、彼女と会話をしたり、一緒に本を読むうちに仲良くなり、いつしか2人は、共にアビスの探窟を志す友達になっていったのです。 イドフロントで2人はとても楽しいひと時をすごしていましたが、なぜか、あれほど多くいた子供たちが、1人、また1人といなくなってゆき、とうとうナナチとミーティのみになってしまいました。. See full list on dic. ナナチ、ミーティ、ボンドルドこの3人の三角関係はまだ終わってないのかもしれない! ナナチが言うようにボンドルドにはもう「それしかできねぇ」のだろうか?•••••••• 作者がゾアホリックは壊していないとニコ生で発言したようだけど. ⑤ 肉電球の壁/ボンドルドフォトスポット 肉電球が明滅する壁には、時折ボンドルドやプルシュカが姿を現すかも. ナナチ・・・アビスに住んでいる不思議な生き物; ミーティ・・・ナナチの相棒。6層の上昇負荷により、なれ果てになる; ボンドルド・・・白笛。非情な実験を繰り返す. 上記の内容に間違いはないのだが、その本性は常人の価値観が通じないエイリアンのような人物。 誰に対しても温厚に接しこそするものの、ボンドルドに対して激しい恐怖を抱くナナチに何の気なしに「かわいいですね」「是非また私のところに来てください」と語りかける、実験の過程で被験者が苦痛を味わって死ぬことを逃げられない状況になってから明言する、そして後述の凄惨極まりない人体実験を日常的に行っているなど、その行動はどう見ても常軌を逸している。 決して人の感情や倫理観に対して理解が無い訳ではないのだが、彼の場合は好奇心が抑えきれずにそれを分かった上で無視してしまう人物と言えよう。 そんなボンドルドを狂人たらしめる最大の点は、「未来」以外の全てに対して無頓着であること。 研究のためなら法律や倫理観はもちろん、関わる他人の事情を顧みず、時には人(自他問わず)の命さえ平気で使い潰し、それでいて研究成果以外のすべてに執着しない。 もちろん名誉欲や金銭欲、支配欲らしきものも一切ない。 事実、作中ではレグたちの手で何度も研究や資産を損なわれた挙句殺されかかっているにもかかわらず、3人に対して怒るどころか大喜びで3人の知略を讃えるあたりにその異常性が垣間見える。 彼が唯一焦ったのは、レグの「火葬砲」にナナチが巻き込まれかかった時だけである。 上で挙げた偉業にしたって、 1.

恐るべし。. メイドインアビスについて質問です。 ボンドルドの実験体として成れ果てとなったナナチとミーティでしたが、何故ミーティのみ、すり潰したり6層に持っていったりして成れ果てとなった後も実験体として使われたのに、ナナチは助手のままだったのでしょう?ボンドルドであればナナチを. 見るに堪えかねたナナチはミーティを連れてボンドルドの元から逃亡。その後はナナチと共に四層にこしらえた隠れ家で暮らしていた。 負傷してナナチの家に担ぎ込まれて寝込んでいたリコに何故か懐くような仕草を見せ、彼女に覆いかぶさるようにして. 誕生日:不明 年齢:リコとレグと同じくらいか、年上? 出身地:極北地方セレ二 家族:なし(孤児) 友達:ミーティ 特技:読み書き、治療 ナナチは、四層の奥地に造ったアジトに住み、一人称は「オイラ」で、口癖は「~んなぁ」。どこか間延びしたようなとぼけた喋り方をしますが、博識で思慮深い性格です。 外科手術や薬学に精通していますが、料理は壊滅的に下手です。 アジトではミーティという、不気味な生き物と一緒に暮らしています。ナナチはこのミーティを可愛がっています。 獣人的な見た目のため、性別は分かりづらく、公式では「不明」とのことです。. 』『SHIROBAKO』『プラネット・ウィズ』などです。 ヘボット! パパ. 「新薬の開発」→その新薬は違法な薬物実験の末に生み出されたもの 2.

つくんだ. 活発で気の強いしっかり者で、強い冒険心の持ち主。 赤笛(探窟家見習い)でありながらアビス深層を目指したリコほどではないが、危険な箇所のある『前線基地』内の探検、ボンドルドの実験の手伝いなど、様々なことにチャレンジしている。 『前線基地』内でリコ達を丁寧に案内するなど面倒見もよく、おかげで『ボンドルドのアジト』ということで警戒していたリコ達3人ともすぐに打ち解けることができた。ちなみに、三人が寝泊まりする部屋を掃除したのも彼女。 ボンドルドのことを心から慕っており、「最高のパパ」とまで呼んでいる。. しばらくして、息絶えたボンドルドの元にプルシュカと一人の「祈手」が現れる。 父の骸を前に泣き崩れるプルシュカ。 一方、その「祈手」はボンドルドの遺体から仮面を取り外し、自身の被っていた仮面を脱ぎ捨ててボンドルドの仮面を被る。すると.

ボンドルド ナナチ

email: adigiry@gmail.com - phone:(388) 527-2131 x 1225

サイド ストーリー - Dragon

-> Ncis season 14
-> Red movie

ボンドルド ナナチ -


Sitemap 1

風 に なる 楽譜 -